販促品の役割

街中で配られるのはポケットティッシュという定番は今も変わりませんが、最近ではティッシュ以外にもさまざまなものが無料で配布されている光景をよくみかけます。ボールペンや付箋紙、クリアファイルといった実用的な物からドリンクなどの飲食物まで、その種類は多種多彩になっており、受け取る側も無料でもらえるため、決して悪い気分にはならないものです。これらは「販促品」と呼ばれ、各企業が自社のイメージアップや、商品のコマーシャルを兼ねて行っている、プロモーション活動の一環として利用されるものです。手渡された配布物をよくみると、企業のロゴや商品名などがしっかりと記されており、それに目を付けた幾人かの人がその企業について興味を少しでも持てば、販促品の役割は大いに果たされたことになります。

販促品とは、いわば企業の顔であり入口のようなもので、たとえそのものが小さい存在であっても、それを手にしたことをきっかけにして誰かが反応をしてくれるかもしれない、その「かもしれない」という可能性にかけて、多くの企業は販促品を活用しています。販促品は街中にとどまらず、ショップで買い物をしたときにも「ノベルティ」として入手できることがあります。「ノベルティ」といえば限定品というイメージが強く、なかなか手に入らない物を手に入れることが出来たという満足感を顧客に与えられると同時に、「またこの店に来よう」という前向きな気持ちにさせる効果が期待されます。販促品は企業のイメージアップの役割と同時に新商品などの宣伝にもつながり、手にした顧客の期待を膨らませ、満足度をアップさせるために有効なものといえるでしょう。

 

Copyright © 2014 販促品の基礎知識 All Rights Reserved.